2018年06月10日

2018台湾への旅2日目の1 台北〜福隆 廃線跡散策

CIMG7002.JPG
台北駅を朝8時頃に出る電車に乗って1時間半、台湾東北部の街、福隆まで来ました。
CIMG7004.JPG
駅前に何軒かあるうちの適当なレンタサイクル屋さんで自転車を借りました。100元(約380円)。
借りるときはパスポートを預けます。
CIMG7013.JPG
線路に沿って20分くらい漕いでいると、トンネルが見えてきました。
福隆
ここ「舊草嶺隧道(Jiù cǎo lǐng suìdào)」は、日本統治時代に造られた台鉄の旧線のトンネルをサイクリングロードとして整備した場所です。
福隆
この日も外は暑かったのですがトンネルの中はヒンヤリしていたので、ゆっくりゆっくり出口に向かったのですが、いずれは出口に着くわけで(笑)。
福隆
やっぱりムワッと暑いね。
福隆
すぐそばには今のトンネルもあります。
福隆
遠くに亀山島が見えます。
福隆
トンネルの先はちょっとした公園になっていて、展望台があったので上ってみました。
これはいい撮り鉄スポット。
福隆
日本では見かけなくなった荷物列車も通り過ぎていきました。
台鉄にはどことなく昭和の国鉄っぽさも感じます。
福隆
トンネルの中間に、新北市と宜蘭縣の境界があります。
ちょっとだけ東部台湾に足を踏み入れました(笑)。
福隆
トンネルの福隆側にはトンネル工事の現場監督だった吉次茂七郎の記念碑がありました。
福隆
台湾の道路標識でこの徐行を示す「慢」の標識が一番好き(笑)。これのキーホルダーとか売ってないかなぁ。
福隆
自転車を返すとちょうどお昼時。
福隆は駅弁が有名で駅の周辺に何軒もお店がありますが、今回行ったのは駅のホームで販売されている「福隆月台便當」。写真の奥の黄色い看板のお店です。
福隆
店に入って「フーロンユエタイビエンタン」と注文すると、中で食べるか外で食べるかを聞かれ、持ち帰りと言うと後ろを指さされました。
スープはセルフでカップに注いでいくようです。
福隆
近くの木陰で食べました。スープ付きで65元(約250円)。角煮とゆで卵は美味しかった。
福隆
福隆海水浴場に100元(約380円)払って入ります。
福隆
福隆海水浴場でサンドアートの展覧会があるということで来てみました。
福隆
それにしてもいい天気だな〜
福隆
サンドアートって初めて見たけど精巧に出来てるね。
CIMG7121.JPG
一番手前は日本人の作品。日本人の作品はもう一つありました。
福隆
会場の端のほうには、一般参加のサンドアートもありました。
札幌雪まつりの市民雪像みたいなモノでしょうか。
福隆
ここからは会場の反対側へ。
福隆
地図で見たこの吊り橋が気になっていたのです。
福隆
まずまずの眺め。
福隆
足元も眺めいいね(笑)。そして緯度が低いからか影が短い。
福隆
海水浴場はそれなりに人がいましたが、こちらは暑いからか誰とも会いませんでした。
福隆
出来れば龍門公園の中を通って福隆遊客中心(ビジターセンター)まで行きたかったのですが、道が分からず結局大きな道路まで出てきてしまいました。
日本ではあまり見かけない、ScaniaやDAFのトレーラーがバンバン走っているのを見ながらだったのであまり飽きることなく、30分くらいで福隆遊客中心まで戻りました。
福隆
福隆遊客中心からは、台湾好行のバスに乗って黄金博物館へ移動。

ちょっと長くなったので続きは後日。
続きを読む
posted by crossroad at 22:02 | Comment(0) | 2018台湾への旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月08日

2018台湾への旅 1日目 七重浜〜台北 つい衝動買い

ある日、タイガーエア台湾からメルマガが来ました。
内容はいつものセールで、函館〜台北の航空券が5,900円というモノでした。

何気なく行けそうな日のチケットを検索したところ、帰りも5,900円で取れることが分かりました。
函館発がこの料金なことはよくあるのですが、台北発で5,900円という料金はあまり見たことがなく、ほぼ衝動買い状態で購入しました。

3泊4日なので行きは預け荷物なし、帰りは預け荷物ありで予約をして、なんだかんだで結局往復18,000円位になりました。
七重浜駅
前置きが長くなりましたが当日。
七重浜駅から道南いさりび鉄道で出発。
空港バス
函館駅から空港行きシャトルバスに乗り換えます。駅から空港まで20分450円で行けるので、駐車料金を考えると車で行くより公共機関で行ったほうが便利で安かったりします......
七重浜から函館空港に行くには函館バスを五稜郭で乗り継ぐほうが安いのですが、いさ鉄も最近使ってなかったのでたまには乗らないとね。
当然、函館バスも地域にとって重要な交通機関なので、どちらを使うか悩ましいところですが。
函館空港
函館空港にはちょっと早めに着いたので展望デッキにいると、FDAの飛行機が。チャーター便だったのかな。
函館空港
函館空港の国際線ターミナルは国内線と別棟にあるのですが、1日1〜2便しか運航されていないので設備はかなり質素です。
函館空港
出国エリアには一応免税店もあります。2年前は炊飯器とか電化製品が目立つところに置かれてましたが、今はお菓子など普通の品ぞろえになっていました。
タイガーエア台湾
いよいよ出発。5〜6割位の搭乗率で、3人掛けの席には自分だけ。これはリラックス出来そう。
タイガーエア台湾
飛行ルートはほぼ日本列島に沿って進むので、外を見てるだけで日本縦断の旅が出来てお得感があります(笑)。
これは残雪の岩木山。
タイガーエア台湾
ちょっとわかりにくいですが北アルプスと黒部川。
タイガーエア台湾
鹿児島市街地と桜島。
桃園MRT
出発は30分くらい遅れたのですが、到着は定刻でした。
入国は空いてたのでスムーズに進み、両替(台湾の場合はさっさと空港で済ませるのがよさそう)、タブレット用のSIM購入、手持ちの悠遊カード(Suica的なICカード)にチャージをして、昨年開業したばかりの桃園MRTに初乗車。
桃園MRT
この風景、台湾に来た感ある。
ポッシュパッカーホテル
台北駅近くの宿「ポッシュパッカーホテル」にチェックイン。この宿は初めて台湾に来た時に泊まった宿ですが、台北駅から徒歩数分、部屋にテレビ・冷蔵庫・窓がある、全体的に清潔な割にお手頃価格ということで、定宿になりつつあります。今回の滞在も快適でした。女性専用フロアは完全に分かれてるので、女性の一人旅にもおススメです。
牛肉湯緬
今回は3泊といっても帰り便は早朝なので、まわれるのは実質2日間しかありません。
ということで早速街へ。
宿近所の牛肉麺が有名なお店に行って牛肉麺を頼んだつもりだったのですが、なぜか牛肉がのってない麺が出てきました(笑)。
美味しかったからいいけど......
西門町
東京でいうと渋谷的ポジションの街、西門町へ。
マンゴーかき氷
台湾の6月といえば、マンゴーが旬の時期。
ということで「西門町芒果冰」で名物の「意南忘」。
マンゴーかき氷の上にマンゴーが1個丸ごと乗っかったインスタ映えには微妙なビジュアル。
このスプーンはカレー用のスプーンということで、大体の大きさを分かっていただけるでしょうか......
これも美味しかったけどもうお腹いっぱい......
マンゴービール
宿に戻って、マンゴーフレーバーのビールを飲んでさっさと寝ます......
続きを読む
posted by crossroad at 21:45 | Comment(0) | 2018台湾への旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月05日

日本縦断して帰ろう 11・12日目 大樹〜室蘭〜七重浜 ようやく戻りました

正直に言うと、この部分は書くのを忘れていました(笑)。
というか、すでに書いたと思い込んでいました。
旅うたり
「旅うたり」で迎えた朝。みんなで記念撮影。
とほ宿は周りの風景がいい宿が多いね。
サクサクパイ
ホントはえりも岬経由で戻ろうと思っていたのですが、仕事の打ち合わせで帯広に行く用事が出来たので、せっかくなので六花亭に行ってサクサクパイと出来立ての柏手焼をいただきます。
穂別博物館
打ち合わせも終わり、日勝峠を越えて穂別まで来ました。
穂別博物館
穂別には多分今までに来たことなかったはず。
穂別地球館
穂別博物館と向かいの穂別地球体験館をまとめて見たのですが、
穂別地球館
穂別地球体験館はマンツーマンの説明も入って見ごたえがありました。
長万部
このまま走れば夜中にウチに戻れたのですが、業者さんに水道を復旧してもらわないといけないのでこの日は室蘭に宿泊。
長万部
翌日はなかなか開館時間に合わず来れなかった長万部の鉄道村を見学。
長万部
ようやく念願が果たせました。
ガラナソフト
出稼ぎに行く時はまだ開業していなかった道の駅「なないろ・ななえ」へ寄り道。
ガラナソフト
ここ限定のガラナソフト美味しい。350円。
トッピングのパチパチのせは20円かかるけどしたほうがいいかもね。

これで3ヶ月半にわたった出稼ぎもようやく終わりました。
続きを読む
posted by crossroad at 23:32 | Comment(0) | 2018北大東島出稼ぎ&旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする