2018年01月02日

2018年の初日の出は......

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、7回目となった初日の出ツアーの様子をどうぞ......
立待岬初日の出ツアー
大みそかの夕食はいつものようにタラ鍋。
1年の中で唯一夕食が出るレアな夜です。
立待岬初日の出ツアー
前日までは元旦の朝は雨予報になっていて、夜もずっと雨だったのですが、朝には雨もやんで少し空も見えるくらいまで回復していました。
立待岬初日の出ツアー
立待岬で初日の出待ち。
立待岬初日の出ツアー
ちょうど日の出る方向は雲が途切れてるんだけどなぁ......
立待岬初日の出ツアー
日の出の時間は過ぎましたが、今年も水平線からの初日の出は拝めませんでした(´・ω・`)
立待岬初日の出ツアー
ただ、前日までの雨で空気がキレイになったのか、尻屋崎近くの桑畑山の風力発電所までがくっきりと朝焼けに浮かび上がって、これはこれで悪くない感じです。
立待岬初日の出ツアー
立待岬から山側の車道を歩いていきます。
立待岬初日の出ツアー
谷地頭の街もいつもよりクッキリしている印象が。
立待岬初日の出ツアー
トイカメラ機能でちょっと遊んでみました(笑)。
立待岬初日の出ツアー
ここで初日の出が見えました!
立待岬初日の出ツアー
函館八幡宮で初詣。
この時間だとまだ人出は少なめ。
立待岬初日の出ツアー
お正月限定の獅子みくじを引いてみます。
普通のおみくじに手乗り獅子舞的なものが付いていました。
立待岬初日の出ツアー
大吉いただきました。
立待岬初日の出ツアー
身体も冷えたので、正月から通常営業の谷地頭温泉へ。
立待岬初日の出ツアー
函館朝市に移動して「茶夢」でシメ。

今年は水平線からの初日の出は見られませんでしたが、全体で見るといい感じで収まったのではないでしょうか。

【休館のお知らせ】
当宿は4月下旬までの予定で休館となります。

休館中でもお問い合わせ・営業再開後のご予約は承っておりますが、日中は電話に出ることが出来ませんので、お電話は夕方以降にお願いします。また、メールの返信が若干遅れる場合がございます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
続きを読む
posted by crossroad at 12:05 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月22日

はこだてクリスマスファンタジーとイルミネーション

12月1日から始まったはこだてクリスマスファンタジーも、気が付けばあと数日で終了。
函館散策
ということで、ようやく見に来る時間が取れたので、ウチからバスと市電を乗り継いで十字街まで来ました。
クリスマスファンタジー会場では毎晩18時から花火が上がる点灯式があるのですが、今回は間に合わず……
函館散策
まずはイルミネーション会場の二十間坂を登っていきますが、歩道がアイスバーン状態......この時間はまだなんとか進めましたが、この後雨が降ったので、もっとツルツルになったのではないでしょうか......八幡坂の歩道はロードヒーティング化されていたので、せめて二十間坂と基坂くらいはロードヒーティングになってほしいですね。
函館散策
二十間坂の上から。以前は坂沿いに派手なイルミネーションが装飾されたお宅があったのですが、諸事情により現在は見られなくなったのは残念です。
函館散策
カトリック元町教会を好きな角度から1枚。
ここはいつ来ても絵になります。
函館散策
ハリストス正教会への階段は、滑り台状態になっていました。
函館散策
ハリストス正教会(ロシア正教)と聖ヨハネ教会(聖公会)、カトリック元町教会(カトリック)、日本基督教団函館教会(プロテスタント)は元町の一角に隣接しています。宗派の異なる4つの教会と1つのお寺(東本願寺)が隣り合っているのは、珍しいのではないでしょうか。
函館散策
このあたりの散策は、雪景色の時がよりいい感じ。
函館散策
八幡坂から。このあたりで雨が降ってきたのですが、濡れた路面のおかげでイルミネーションの明るさも2倍増し。
函館散策
主な坂はロードヒーティングが効いているのですが、小さい坂は冬期間車両通行止めになります。ソリで滑ったら気持ちいいかもね(笑)。車道まで飛び出そうだけど。
函館散策
クリスマスファンタジーのツリーは今年もキレイでした。
函館散策
珍しく「はこだて明治館」前に1台もバスが停まっていなかったので、いい感じの写真が撮れました。
函館散策
大門横丁で軽く飲んで帰宅。
posted by crossroad at 17:13 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月03日

函館山へハイキング

道南いさりび鉄道
昨日は久しぶりに函館山へハイキングに行ってきました。
道南いさりび鉄道
まずは七重浜から道南いさりび鉄道で函館へ。
わがやの灯り
お昼は函館駅近くの「わがやの灯り」で日替わりランチ。
ご飯が少なめだったので足りるかなと思ってたのですが、結構ボリュームがあったので結局おかわりはせず(笑)。
美味しゅうございました。ちなみにご飯・味噌汁のおかわりは無料です。
赤レンガ倉庫
歩いて赤レンガ倉庫方面へ。壁面には早くもサンタクロースのデコレーションが登場しています。よく見ると紅葉に埋まってますね......
函館山
赤レンガ倉庫を過ぎた国道279号線の北海道側起点よりハイキングスタート。海際なので、限りなく海抜0mに近い場所だと思います。函館山がやけに霞んでるなと思ったのですが、この日はPM何とかさんが通常より高かったらしいですね。
そんな中を1日歩き回ってたのか......と思っても後の祭りですが......
大三坂
前の写真に写ってるのは八幡坂ですが、そういえばこの時期の大三坂は紅葉がキレイだったことを思い出して、途中から大三坂を上がっていきます。
大三坂
ナナカマドが真っ赤です。
函館山
スタートから約30分で函館山ふれあいセンターに到着。
ここでトイレを済ませて、登山道へ入ります。
函館山
函館山に数ある登山道で一番イージーな旧登山道コースを歩いているのですが、体のなまり具合がハンパない......
函館山
息も絶え絶えになりつつ(笑)、函館山ふれあいセンターから約45分で函館山の山頂に到着。市街地の端も見えないくらいに霞んでいます。視界がいいと駒ケ岳や恵山、下北や津軽半島までが一望できるのですが......
函館山
山頂で一休みしたら、今度は千畳敷コースに入ります。
函館山
千畳敷方面には無線局等の設備があって、巡視の車が入れるように千畳敷コースは車道仕様になっていて歩きやすくなっています。それでも所々前日までの雨でぬかるんでいましたが......
函館山
また、千畳敷コースは函館山登山道路から続く道道675号線の一部でもあるので、どこかに道道標識のヘキサでもあればネタ的にオイシイのですが、特にそのようなモノも見当たらず......
函館山
函館山山頂から約50分で千畳敷戦闘指令所跡に到着。崩壊の度合いが激しい函館山の要塞群の中で、ここは比較的崩壊が少ないからか内部は立入禁止になっていないので、お好きな方は心ゆくまで探索されるといいかと思います。個人的には、どうもこの中に長時間いる気にはなれない......
函館山
戦闘指令所跡から少し歩いた場所にある、千畳敷休憩所でおやつタイム。ただ、カラスに狙われている気配をビンビンに感じるので、落ち着いて食べられない......函館山山頂売店の店員さんにも「外で食べるときはカラスに気を付けて」と注意されたことだし。
函館山
ここからは七曲りコースを下っていきます。
ここまで稼いだ標高を、麓まで一気に九十九折れに下っていくので、ふくらはぎとヒザにとどめのダメージが(笑)。
函館山
遠目に函館公園方面の紅葉がまだ良さげだったので、ヨロヨロになりつつ函館公園へ寄り道。
函館山
晩秋の夕暮れ時とあって、寂寥感も感じる散策となりましたが、この感じは嫌いではないです。
函館山
そして、ゴールの谷地頭温泉へ。
ここの大浴槽は疲れた体にはホントに心地がいいです。
函館山
風呂上りのビールがこんなに美味いと感じたのはいつ以来でしょうか。谷地頭からは市電とバスの乗り継ぎでウチに戻りました。
続きを読む
posted by crossroad at 11:49 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする