2010年04月22日

屋号入り銀行口座を作ってみる

今日は、屋号入りの銀行口座を作りに近くの銀行へ行ってきました。

ネットで調べると、屋号のみの口座はほぼ不可、屋号+個人名でも開業届等その屋号を使用している証明が必要とか書いていたので、一応書類は持って行きました。

窓口にて、「個人事業をするので屋号入りの口座を作りたい」と言ったところ、自分の身分証明書を見せただけで、普通の個人口座と変わらず作れました。ツーリングのお客様相手の民宿をするというのも雑談の中で伝えた程度で、拍子抜けするほどあっさり作れました。

表紙は、屋号と氏名が併記されています。
1ページめの名前欄は、屋号のみです。

あとは引き落としの口座をこちらに変えていかねば。
posted by crossroad at 18:21 | Comment(0) | 開業までの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月09日

個人事業の開業届

今日は、個人事業の開業届を出してきました。
税務署には、 「個人事業の開廃業等届出書」 を開業から1月以内に出すことになっています。
書類は国税庁のホームページからダウンロードができますが、簡単なのでその場で書類をもらって記入してもよいと思います。

記入の仕方ですが、まず所轄の税務署名、提出日を書きます。
納税地は宿の住所と電話番号を書き、氏名と生年月日を書きます。
職業は「旅館経営」とし、屋号に「函館クロスロード」と記入しました。
届出の区分は「開業」に丸をつけ、開廃業日は4月1日にしておきました。

開廃業に伴う届出書の提出の有無は、「青色申告」と「消費税」がありますが、どちらも「無」に丸をしました。もし青色申告をする場合は事業開始日から2月以内に「青色申告承認申請書」を提出するようです。
事業の概要には、「旅館業、飲食店業」と記入しました。
給与等の支払いの状況には専従者0人、税額は「無」、源泉所得税の…欄は「無」に丸をしました。
上に書かれていないところは空白で提出しました。

北海道には、 「個人事業税の事業開始等の届出書」 を開業後速やかに提出することになっています。
これも北海道のホームページからダウンロードできますが、僕はその場で書類をもらって記入しました。
どちらも印鑑だけあれば、何も持たなくてもよいです。

こちらは渡島総合振興局(旧渡島支庁)の課税課に行き、書類に住所、名前、生年月日、電話、事業開始日、事業の種類「旅館業」、事業所の住所、屋号を記入するだけでした。

北斗市に電話したところ、特に届けは要らないとのことでしたが、必要なところもあるようなので、市町村役場に確認するとよいかと思います。
posted by crossroad at 18:21 | Comment(2) | 開業までの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月02日

宿の看板がつきました

宿看板

看板が出来上がりました。

宿看板

いい感じです。

DSC00314.jpg

そのうち国道からわかるようにポールに目立つ看板もつけたいですね。
タグ:民宿 看板
posted by crossroad at 11:44 | Comment(7) | 開業までの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする