2017年04月19日

七重浜へ帰ろうその4 姫路 姫路で昭和を感じる

姫路
京都へ行った翌日。今度は西へ向かい姫路までやってきました。神戸から新快速を使うとホントにあっという間です。
姫路
姫路駅に着くと、まずは無料のレンタサイクルがあるという情報を聞いていた、姫路市観光案内所へ直行。
姫路
無事(σ・∀・)σゲッツ!!
いかにもレンタサイクルみたいな派手な感じが少なくてイイね。
姫路
まずは手柄山に向かいつつ、昭和41年からわずか7年で運行休止となった姫路モノレールの夢の跡をたどっていきます。ラーメン屋の上に伸びる橋脚。
姫路
姫路〜手柄山間で唯一の途中駅だった大将軍駅跡。ここはもともとアパートが建っていて、その3・4階に軌道とホームが作られていた特殊な構造だったのですが、結局アパート自体は一度も見ないまま解体工事がされていました。いつでも見られると思っていたらいつの間にかなくなっているというのはよくある話。
姫路
今残っている橋脚も徐々に撤去されていってるようなので、見に行くのはお早めに。
姫路
お昼はモノレール跡から少し外れた場所にある「天下一品姫路店」へ。播州地区5店舗限定メニューの「炙りバラチャーシューメン」をいただきます。絶品のウマさ。
姫路
桜満開の手柄山に到着。
姫路
手柄山は一帯が公園として整備されていますが、元々は姫路モノレールが作られるきっかけともなった昭和41年の姫路大博覧会の跡地を利用していて、今でもそこかしこにその当時の面影を見ることが出来ます。
姫路
展望台も当時のまま。いかにも昭和を感じるデザインです。
姫路
看板のフォントがいい味出してます。
姫路
エレベーターで上に上がると14分で1周する回転展望台があります。ここは喫茶店になっていて軽食も食べられるとのことでしたが、この時はなぜかこのまま戻ってしまいました......あとで調べるとこの展望台、老朽化に伴って存廃問題が出ているとのことで、今思うと何か注文して回転具合を楽しんでおけばよかったですね......
姫路
今回手柄山に来た一番の目的はこれ。姫路モノレールの展示館に来ることだったのです。
姫路
モノレールの廃止以来ずっと廃墟になっていた手柄山駅跡が、2011年に手柄山交流ステーションとして改修され駅内に放置されていたモノレール車両を修繕して一般公開がされるようになって以来、ずっと気になっていた場所にやっと来ることが出来ました。
姫路
御座候の広告は書き直したものかな?
モノレール運行当時の感じがよく出ています。
姫路
2両保存されているうちの1両は中に入ることも出来ました。
姫路
モノレール全線のジオラマや、数年前に廃止された姫路市営バスの展示などもあって、楽しめました。
姫路
その後手柄山の植物園で姫路モノレールグッズを買い......
姫路
姫路城へ移動。こちらはひっそりしていた手柄山と違い、世界遺産効果か人がものすごく多いです。
姫路
順番待ちで並ぶほどではありませんでしたが、外国人を含めかなり混みあっていました。
函館はアジア系の外国人が多いけど、姫路は欧米系の人が目立ちました。
姫路
桜も満開、天気も上々でこの日はいい散策日和でした。
姫路
この日の夕食は、高専時代の同級生と姫路市内で飲み。
何年ぶりかの再会で話も弾みました。
posted by crossroad at 00:36 | Comment(0) | 2017北大東島出稼ぎ&旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月17日

七重浜へ帰ろうその3 京都 雨の京都へ(鉄分多め)

実家に戻った翌日。以前より行こうと思っていた京都の鉄道博物館に行くことにしました。
京都鉄道博物館
行きかたをいろいろ調べてみると、阪急阪神京都市バス京都バスの市内線が1日乗り放題で1600円の「いい古都チケット」というのを発見。JRで行く予定を変えて久しぶりの阪急電車で行くことにしました。
元々阪急沿線で生まれ育ったので、このマルーンカラーは自分の原点とも言えるかもしれません。
京都鉄道博物館
阪急京都線の特急の停車駅が増えたことに驚いたり、降りるつもりだった駅を普通に通過してまた戻ったりしながら京都鉄道博物館に到着。
昔梅小路蒸気機関車博物館時代に行ったきりなので何年ぶりでしょうか。
京都鉄道博物館
展示車両を見てひたすら写真を撮っていきます。
京都鉄道博物館
関西の国鉄は、通学にも使ったり自分が一番利用した鉄道なので思い入れもあります。
京都鉄道博物館
このへんはちょっと自分の時代より前ですね。
京都鉄道博物館
500系新幹線は今でもカッコいいと思う(なお乗り心地)。
京都鉄道博物館
このジオラマ、弁天町の交通科学館にあったヤツや(笑)。
昭和の大阪駅の光景は見てて飽きないですね。
京都鉄道博物館
0系新幹線の運転席。ビックリするくらいシンプル。
京都鉄道博物館
機関車の下に潜って床下機器が見られるのはイイね。
京都鉄道博物館
ただ、展示物保全のためにほとんど車内に入れないのは、少し残念だけど仕方ないのかなぁ。
京都鉄道博物館
いろんな展示を見ていると、だんだんと自分の好みがわかってくる気がします。
京都鉄道博物館
自分の場合は貨物列車とか、
京都鉄道博物館
昭和50年代から平成初期の、自分が10代のころに見ていた電車に思い入れがあるようで、
京都鉄道博物館
SLとか最近の電車にはイマイチ思い入れが湧かないかも......
京都鉄道博物館
でもこの博物館だけで300枚近く写真を撮っているので、なんだかんだで何でもいいのは間違いないと思う(笑)。
京都鉄道博物館
この日は結構強めの雨が降っていましたが、博物館と山陰線の間を仕切るように植えられている桜は満開でした。
京都鉄道博物館
50系客車の内部がそのままの状態になっている休憩所で一休み。
京都鉄道博物館
昔の二条駅舎はお土産屋さんになっていました。
京都鉄道博物館
結構いろいろ買ってしまった......
京都鉄道博物館
博物館を出て、梅小路公園を歩くと市電の車両を使ったカフェがありました。
京都鉄道博物館
ちょっと一休み。
京都鉄道博物館
ここでは名物のつり革型のパンと
京都鉄道博物館
京都市電の方向幕の手ぬぐいをお土産に買いました。
京都鉄道博物館
市電カフェの場所には、市電カフェとお土産屋さんが1両づつと、その奥には休憩所になっている2両の市電が置かれています。
京都鉄道博物館
内部は当時のまま。
京都鉄道博物館
保存状態も良好です。
京都鉄道博物館
せっかく桜の時期の京都に来たので、どこか1ヶ所位は見て行こうということで祇園方面へ移動。
京都鉄道博物館
明治時代の橋に無造作に立てかけられた自転車。
京都の人から見ると明治なんてつい昨日の話じゃないか。ということでしょうか(多分違う)。
京都鉄道博物館
京都でどこか1ヶ所桜を見に行くなら祇園の白川南通がイイよとのアドバイスに従ってきたのですが、確かにイイ感じ。
京都鉄道博物館
結婚式の写真を撮りに来ている人がものすごく多いです。
京都鉄道博物館
京都は小中学生時代の遠足で毎年のように行ってたので、成人してからはあまり来ることがなかったのですが、改めてこの年になってから来るとまた良さがわかってくるのかなという気がしました。
続きを読む
posted by crossroad at 12:02 | Comment(0) | 2017北大東島出稼ぎ&旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月13日

七重浜へ帰ろうその2 南大東〜那覇〜神戸 沖縄本島では観光してないなぁ......

南大東島
翌朝。8時半からの高層気象システムの放球を見に、南大東島地方気象台へ。
南大東島
予め連絡をしておくと気象台の職員の方から説明を受けることが出来ます。ちょうど1週間くらい前に放球する装置が更新されて観測機器も新しくなったそうです。ちなみにこの機器は1回ごとに使い捨てなので、万一落ちてたらそのまま記念にもらっていいそうです(笑)。
南大東島
謎のアクシデントで予定より20分ほど遅れましたが、無事放球。
南大東島
その後はレンタカーで昨日行けなかった場所の島めぐり。
闘牛場の跡では柵で囲われてヤギが飼われていたのですが、1頭だけ妙にビジュアル系のヤギが(笑)。
南大東島
海軍棒プール。波はこれでかなり穏やかなほうです。
南大東島
ここの線路跡は絵になると個人的には思います。
南大東島
日の丸山展望台からは、どこか十勝あたりの平野を思わせるような広大な風景が広がっています。
南大東島
宿に戻ると母さんがカツオを切って出してくれました。
これはビールに合うなぁ......
南大東島
今回お世話になった民宿金城さん。事情により5月いっぱいで廃業してしまうとのこと。最後にありがとうございました。
南大東島
時間が来たので船に乗りますよ......
南大東島
さらば南大東島、また来る日まで......
南大東島
船での夕食は事前に調達していたインガンダルマとサワラの大東寿司で。ダルマの大東寿司は油っぽさがいくらか抜けて食べやすくなっています。
南大東島
翌朝。3ヶ月ぶりに見る都会の風景。
那覇
沖縄本島には2日間しか居られないので、観光せずにひたすらホームセンターやスーパー・お宝ショップなどを巡っていました。
那覇
沖縄のホームセンターは、内地と微妙に品ぞろえが違ってそれを見るのも楽しい。
那覇
ファストフードとは無縁の世界にいたので、行きたくなるよね。
那覇
飲むサロンパスなどと言われたりもしますが、A&Wに行くといつもルートビアを頼みます。
CIMG3004.JPG
いよいよ沖縄を離れる時がやってきました。朝から晩までつきっきりで買い物その他に付き合ってもらったタケさんありがとう。
CIMG3014.JPG
飛行機に乗ってしまうとあっという間。
那覇から2時間で神戸に到着しました。
続きを読む
posted by crossroad at 00:02 | Comment(0) | 2017北大東島出稼ぎ&旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする