2018年05月16日

函館どつくの進水式

CIMG6188.JPG
昨日、函館どつくで進水式があったので、見学に行ってきました。いい天気でよかった。
CIMG6203.JPG
進水式に来たのは久しぶりな気がします。
CIMG6206.JPG
進水式は新造船をバックにした船主の記念写真の後、国旗掲揚が行われます。船主国ギリシャと製造国日本の国歌が流れる中、国旗が掲揚されます。
CIMG6216.JPG
船名披露のアナウンスが流れると、船名を覆っていた紅白の幕が取り外されます。
CIMG6223.JPG
順をおって船体を固定していた各所の盤木やロープが取り外されます。肉声の号令と共にベルが鳴る中で各作業が行われる緊張のひと時です。
CIMG6225.JPG
一通り作業が終わり、「支綱切断」の声と同時に船主の代表者がステージ前のロープにハサミを入れると、シャンパンの瓶が勢いよく船首で砕け、
CIMG6246.JPG
ゆっくり船は海に向かっていきます。
CIMG6265.JPG
サイレンと軍艦マーチが響く中、静々と海へ向かっていくこの場面が一番のハイライト。
CIMG6282.JPG
無事海に浮かびました。
CIMG6296.JPG
この段階ではガラが出来ただけで、内装などはこれからの作業になるため、3隻のタグボートによって所定の場所へ移動されます。
CIMG6302.JPG
この日は、港町ふ頭にイタリアの客船「コスタ・セレーナ」が入港していたので、こんなツーショットも。
CIMG6288.JPG
また何か月かしたらここに新しい船が出来ているはず......
posted by crossroad at 12:29 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]