2017年07月31日

潜水艦救難母艦「ちよだ」の一般公開

潜水艦救難母艦ちよだ
昨日と今日の2日間、海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」が一般公開されるとのことで、中央ふ頭へ行ってきました。
潜水艦救難母艦ちよだ
「ちよだ」を見る前に、隣に停泊していた練習潜水艦「みちしお」を見に行きましたが......
潜水艦救難母艦ちよだ
こちらの一般公開はナシ。残念だけど仕方ないですね。
潜水艦救難母艦ちよだ
ただ、潜水艦をこんな間近で見たのは初めてなので、それだけでも満足です(笑)。
潜水艦救難母艦ちよだ
いよいよ「ちよだ」の艦内に入る列に並びます。
潜水艦救難母艦ちよだ
艦橋へ上がる階段が狭く一度に入れる人数に限りがあるので、20分くらい待って艦内へ。
潜水艦救難母艦ちよだ
艦橋から。眺めいいね。艦橋内も撮影禁止と思しきモノにはさりげなくカバーが掛けられていたので、基本撮影OK。やっぱり平和ってありがたい。
潜水艦救難母艦ちよだ
引き続き艦内も見ていきます。ここは食堂。
潜水艦救難母艦ちよだ
潜水作業支援用の深海潜水装置周り。
潜水艦救難母艦ちよだ
後部甲板。
潜水艦救難母艦ちよだ
艦橋から船底まで一回りしたラストは、要の深海救難艇DSRV。
潜水艦救難母艦ちよだ
後継の潜水艦救難艦の5代目「ちよだ」が昨年完成したので、今の4代目「ちよだ」は来年にはお役御免となる予定で、最後の一般公開になるようです。
貴重な体験が出来ました。
posted by crossroad at 11:34 | Comment(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月28日

7月だけどツーリング その1 七重浜〜弘前 これを見に来た

津軽海峡フェリー
例年7〜9月は繁忙期ですが、その中でもなぜかご予約が全く入らない特異日が月に1〜2日はあると以前にも書いた気がしますが、その特異日が2日連続であったので、これは行くか!とお昼頃のフェリーに飛び乗り青森へ。
津軽海峡フェリー
よくウチにお泊りの旅人さんがするように、お昼はハセガワストアのやきとり弁当。7月限定の枝豆コーンバターごはんがウマい(笑)。
津軽海峡フェリー
今回はリアキャリアにBOXを取り付けた旅仕様を試してみました。
田舎館村田んぼアート
フェリーを降りてまずはここへ!というか、今回の旅の主目的はこれを見に来ることでした。
田舎館村の田んぼアート。これは「道の駅いなかだて」横の第2会場。今年は桃太郎がモチーフになっています。
田舎館村田んぼアート
田んぼアートの横にはダイアナ妃と石原裕次郎の小石アートも。
田舎館村田んぼアート
展望デッキへの入場は17時半までなので、急いで第1会場の田舎館村役場へ。お城みたいですが普通に役場です(笑)。道の駅ではこの役場のプラモデルも売られていました。
田舎館村田んぼアート
以前は天守閣的な場所からしか田んぼアートを見ることが出来なかったのですが、今年からその横に広々とした展望デッキが完成して、そちらから見る形になりました。今までの天守閣も追加料金を払えば上がれますが、今年から田んぼアートはこの展望デッキを基準に作られるようになったので、以前ほど無理して上る意味は......とは、展望デッキにいた警備員さんのお話。
田舎館村田んぼアート
以前の天守閣は人一人分の幅しかなく落ち着いて見られなかったのですが、今は広々デッキから思う存分見ることが出来ます。
田舎館村田んぼアート
閉館近くだったので貸し切り状態で満喫。
弘高ねぷた
この日は弘前市内に宿泊。この日はたまたま弘高ねぷたが運行されるということで、ホテル前で見物。弘前高校の生徒がクラスごとに製作したねぷたで練り歩く光景は楽しそうでいいね。
弘前
弘前市内には近代洋風建築が数多くあるということで、夕食後散策。これは弘前昇天教会。赤レンガ造りの、雰囲気がある建物です。
弘前
これは青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店)。
今度は昼間にも散策したいですね。
弘前
弘前城横のスターバックスは旧陸軍第八師団長官舎を利用した建物。オシャレすぎてこれ以上近寄れません......

他にも、弘前城や旧弘前市立図書館裏のミニチュア建物群ももっとじっくり見てみたかったのですが、これは次回以降のお楽しみですね。
posted by crossroad at 17:16 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月25日

知内方面へ小ツーリング

知内町
昨日は昼間に少し時間が取れたので、知内・木古内方面へお出かけしてきました。
茂辺地北斗星
お昼は茂辺地に展示されている北斗星車両のすぐ横に先月OPENした中華料理店「北斗軒」で。
いろいろメニューがあって迷ったのですが、ホッキチャーハンを選択。北斗星を見ながら食べるチャーハンは美味い。
茂辺地北斗星
北斗星車両の手前にはマリーゴールドの花壇が出来ていたり、駐車場と遊歩道が出来ていたりと、徐々に公園としての体裁が整ってきています。車両の内部見学も出来るので、国道からは少し入った場所になりますが時間があれば立ち寄ってみるのもいいかも。
北海道新幹線
茂辺地からは一気に「道の駅しりうち」まで来ました。早速道の駅横に昨秋完成した新幹線展望塔へ。
知内町のHPに展望塔を通過する新幹線と貨物列車の時刻表が掲載されていて、新幹線と貨物列車のすれ違い時間が強調されていたので時間を合わせてきたのですが......惜しくもすれ違いシーンは撮れず。でもここは線路との距離が近くていいですね。

新幹線展望塔(湯の里知内信号場)列車通過時刻表

新幹線だけならともかく、貨物列車の時刻や行先まで書いてあるのがマニアックでいいですね(笑)。
北海道新幹線
道の駅からすぐの国道沿いに以前からある、青函トンネル展望台に移動。
北海道新幹線
展望台の下にアジサイが咲いていたので、展望台には上がらずこちらで撮影。いいカメラと腕があればもっといい写真が撮れた気がします(笑)。
知内町
ずっとそのネーミングが気になっていたトンガリチリチリ林道入口。これはアイヌ語なのかまた別の意味があるのか......
知内町
北海道新幹線と旧松前線の交差する場所を見て、重内展望台へ。
海へ向かってまっすぐ伸びる道の向こうには下北半島の山々。
ここは穴場だと思います。
旧渡島知内駅
函館バス知内出張所の前に旧渡島知内駅の駅名標があると聞いて見に行ってみました。後ろの出張所の建物は旧渡島知内駅の駅舎らしいですね。

木古内の道の駅に寄って「コッペん道土」の塩パンをお土産にして帰宅。
続きを読む
posted by crossroad at 16:46 | Comment(0) | 見どころ その他道南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする