2016年02月28日

今シーズン(多分)最後の……

北大裏バス停
朝起きるといい天気。そして明日以降荒れ模様の予報が。これは今日のうちにどっか行っとけということだなと勝手に解釈して(笑)、ちょっとお出かけすることに。
大沼公園
函館バスと北斗5号を乗り継いで、やって来たのは大沼公園駅。
先週も来た気がしますがそれはきっと気のせいではないはず。
大沼公園
今日は駒ヶ岳もよく見えます。
大沼公園
また戦いの場に来てしまった……
大沼公園
釣果は……前回と大体同じくらいですぐ数え終わる程度でした……
やっぱり当たりを合わせるのムズイね(´・ω・`)
係の人に「合わせかたは回数こなして覚えるしかないね」と励まされつつ唐揚げコーナーへ……
大沼公園
でも安心してください、増えてますよ(笑)。
大沼のワカサギは唐揚げにするといつのまにか増えているのが嬉しい。まさに生命の神秘(笑)。
大沼公園
列車まで少し時間があったので大沼の遊歩道を散策。
水辺のほうは氷が緩み始めて春が少しづつ近づいてる感があります。ワカサギ釣り場の中の人によると、この感じだとワカサギの氷上釣りは来週くらいまでじゃないかとのこと。今年はなんだかんだで暖冬だったから始まりも遅く期間は少し短めでした。
大沼駅
帰りは大沼駅から普通列車で戻ります。
ここから見る駒ヶ岳もカッコイイ。
函館本線
列車の中では持ち帰りのワカサギを肴に二次会( ̄▽ ̄)ノ
ガラガラのキハ40の中で明るいうちから飲んでると、すぐ近所なのに旅気分。

これで今シーズンのワカサギ釣りは終了かな〜
posted by crossroad at 21:54 | Comment(0) | 見どころ その他道南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月26日

北海道新幹線開業日の予約状況とか青春18・北東パス割引とか

新函館北斗駅
3月26日の北海道新幹線開業まであと1ヶ月。
今日からは新幹線のチケットも発売となり、一番列車は25秒で売り切れたとのことです。

今日の新聞には開業日前後の函館に宿泊予約殺到と書かれていましたが、当宿につきましてはまだ空きがございます。
3月26日(土)のご予約状況は、男子ドミトリー・個室が残りわずか、女子ドミトリーは余裕がございます。

また、3月25日(金)チェックインより青春18きっぷ・北海道東日本パスをご利用の旅人さん向けの宿泊料金割引サービスを開始します。

【以下、2月9日当宿ブログの再掲】
3月26日の北海道新幹線開業により、当宿最寄りの七重浜駅を含む、江差線木古内〜五稜郭間がJR北海道から経営分離され「道南いさりび鉄道」として再スタートを切ることになりました。

それに伴い、七重浜駅では「青春18きっぷ」「北海道東日本パス」の両きっぷで乗り降りが出来なくなり、これらのきっぷを利用した旅の途中で七重浜駅をご利用いただく場合は、別途道南いさりび鉄道の料金がかかることになります。

そこで両きっぷを利用して旅をする旅人さんにつきまして、3月25日チェックインの旅人さんより道南いさりび鉄道五稜郭〜七重浜間の片道料金と同額の220円を割引いたします。

◆以下の場合に割引を適用いたします。
・青春18きっぷ → 未使用日があるもしくはご宿泊当日のスタンプが押されたきっぷをお持ちの旅人さん
・北海道東日本パス → 有効期限内もしくはチェックアウト日から有効のきっぷをお持ちの旅人さん

◆チェックイン時にご利用のきっぷをご掲示いただきます。
 連泊時は1泊目のみ適用となります。
 道南いさりび鉄道の実際のご利用は問いません。

◆例えば……青森と函館の間でフェリーをご利用の場合、実質フェリー代+ご宿泊代のみのご負担となります。
 当宿は道南いさりび鉄道七重浜駅・津軽海峡フェリー函館ターミナルからいずれも徒歩10分と、津軽海峡フェリーをご利用の場合、大変便利な立地にございます。また、青函フェリー函館ターミナルからは徒歩40分位となります。

【重要】青春18きっぷオプション券をご利用の場合、七重浜駅で途中下車をすると、別途道南いさりび鉄道の料金がかかります。オプション券で直接七重浜駅をご利用いただくことは出来ませんのでご注意ください。当宿へお越しいただく場合、一旦五稜郭駅まで行き、改めて七重浜駅までの切符をご購入いただく形となります。
ご不明な点等ございましたら、当宿へお電話いただくか、ホームページのお問い合わせ欄よりお気軽にお問い合わせください。
続きを読む
posted by crossroad at 11:55 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月24日

勝手に新函館北斗駅見学会

新函館北斗駅
今日は天気も穏やかだったので、北海道新幹線開業以降は特急が走らなくなる藤城線で「スーパー北斗」を見て(画像ナシ)、この駅名もあと1ヶ月となった渡島大野駅に来ました。
新函館北斗駅
七飯町から国道5号線を森町方面に向かうと、まだ開業前ですが新函館北斗駅の表示が。
新函館北斗駅
この写真のどこかに新函館北斗駅が写っています(笑)。
旧大野町側の表口にあたる南口に比べ、北口側はホントに何もありません(南口が賑わってるとは言ってない)。
新函館北斗駅
途中にあった北斗市のカントリーサイン。
以前新聞にも出てた気がしますが、この微妙に北陸新幹線成分の入った新幹線を直す予定はあるのでしょうか……
新函館北斗駅
立体駐車場はまだ使えず、観光バスの駐車場が仮の駐車場になっています。
新函館北斗駅
駅入口には、新旧の看板が並びます。
よく見ると自動ドア表示の横にトンボ柄の衝突防止マークが横一列に張られています。
北斗市は童謡「赤とんぼ」の故郷ということでトンボのシールになっているのですが、いくつかは北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」のシールになっているとのこと。
今回すっかり探すの忘れてたのでまた行こう(笑)。
新函館北斗駅
以前は仕切りが立てられていたコンコースも単管パイプになって、より全体が見やすくなりました。
新函館北斗駅
自動改札機にはオムロンのロゴが入ったカバー。
新函館北斗駅
ホームの新旧駅名標。新しいほうは何も書いてませんが電照式のようです。
新函館北斗駅
駅横には渡島大野駅の旧ホームに置かれていたレンガ造りの石油庫が移築されていました。
その横にあるコンパネで囲われている場所には、北斗市出身の三橋美智也の記念碑が置かれています。
旧ホームの跨線橋に使われていた古いレールはどこに行ったのか……
新函館北斗駅
駅前には5軒くらいのレンタカー屋と、
新函館北斗駅
駅近くのハウスで育てられた野菜を駅前で提供するというコンセプトの駅前野菜レストランの建物は出来ていますが、あとはほぼ更地。ホテルなどの複合施設の建設は始まっているので、これからどう変わっていくか楽しみでもあります。
続きを読む
posted by crossroad at 22:28 | Comment(0) | 見どころ 北斗市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする