2013年01月26日

GLAY野外ライブ当日のご宿泊について

7月27・28日の両日、函館緑の島で2日合わせて5万人規模といわれる、GLAYの野外ライブが行われます。

1月26日現在のライブ当日の予約状況ですが、7月27日・28日共に個室は満室となっております。
ドミトリー(男女別相部屋)にはまだ空きがございます。

ドミトリーのご宿泊は他のお客様との相部屋になりますが、2〜4名様のグループにつきましては1部屋貸し切り対応も可能です。

現在お電話でのご予約のみ受け付けております。
昼間は電話の応対が出来ない場合がございますので、お問い合わせはなるべく夕方以降にお願いいたします。

電話番号は 0138-49-7819 です。

ライブの日以外のご予約も受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。
posted by crossroad at 19:14 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月23日

北大東島上陸

「だいとう」と「ニューくめしま」
いよいよというか、とうとうというか泊港へやってきました。
大東島向け食料品
天気はいいけど、テンションは正直やや下がり気味w
「だいとう」乗船口
覚悟を決めてw、乗船します。
「だいとう」出港
結局丸2日遅れで、17時に那覇泊港を出港。
「だいとう」船内で夕食
会社から支給の夕食の弁当と、この船は飲酒が禁止なので「いろはす」…の容器に入った謎の液t(ry
決してあわm(ry
朝焼けの南大東島
大きな揺れもなく、那覇を出て13時間後の翌朝6時、朝焼けの空の下に南大東島が見えてきました。

午前7時、南大東島西港到着。
ここでの荷役には2時間近くかかったのですが、港に防波堤がなく外海に直接船着き場がある関係で船が接岸出来ず、荷役中は船がかなり大きく横揺れするので地味に体力を削られます。
北大東島のゴンドラ
10時20分頃北大東島西港に到着しましたが、よく見ると下船のゴンドラが全面ガラス張りの新型から風通しのよい旧型に戻っています。
北大東島クレーンに吊られて下船
旧型のゴンドラで下船するのは初めてなのでちょっと嬉しい。
北大東島ヤギの下船
七重浜を出発して10日目、ようやく北大東島に到着しました。
posted by crossroad at 17:06 | Comment(0) | 2013北大東島出稼ぎ&旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月20日

沖縄(ry その2

翌日は「ごーやー荘」さんに連泊して、毎週土日に開催されているというベトナム通りのフリーマーケットへ行ってみることに。ベトナム通り@沖縄市
第1第3日曜は、隣の米軍基地キャンプシールズでもフリマがあるので混み合うらしいのですが、この日は雨模様の天候もあって出店は少なかったのです。
衣類や靴、工作機械や野菜からこんなん誰が買うねんというガラクタまでがそろうディープな光景はもう一度見に行きたいと思いました。
次はキャンプシールズのフリマに合わせて行こう。
道の駅かでな
ベトナム通りから1時間ほど歩いて道の駅かでなに到着。
お昼は道の駅の中にある、ロータリードライブインのジャンボチーズバーガーを食べます。
余計なものが入っていないオーソドックスな味でおいしい。
沖縄の成人式
ちょうどこの日は沖縄のほとんどの市町村で成人式が開かれていました。
北谷のアメリカンビレッジにも、成人になれた喜びを全身で表している人たちの姿が。
屋慶名海峡展望台
翌日は沖縄市からバスで屋慶名へ。
本当は平敷屋から船に乗って津堅島へ行こうと思って朝早いバスに乗ったのですが、写真中央の橋を渡るときは本当に身の危険を感じるほど風が強く、島に渡るのを諦め屋慶名の展望台だけ見てバスでコザ方面へ戻ります。
コスモス@中城村
那覇へ戻る前に何日か前にローカルニュースで見た中城村のコスモス畑に寄り道。
バスを降りて山のほうへ15分ほど歩くと、車が10台位停まっているところがあって多くの見物の人がいました。
コスモス@中城村
ピンクのコスモスと青い海のコントラストがいいね。
A&W
いよいよ「だいとう」出港の日。
いろいろ買い物を済ませ、沖縄本島最後の食事は当分食べられないのでまたまたハンバーガー。
結局4日連続でお昼はハンバーガーでした。
そして覚悟を決めw、港へ向かったのでした。
posted by crossroad at 21:13 | Comment(0) | 2013北大東島出稼ぎ&旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする