2012年11月28日

穏やかな朝

昨日の雪から一夜明け、七重浜は穏やかな朝になっています。

昨日は夜中から急に風が強くなり、日中は雪が降り続いていたものの積もると言うほどでもなく、
P1030238.jpg
夕方からうっすら積もってきたものの至って静かな夜でした。
P1030240.jpg
中途半端に積もったので、今朝は国道がブラックアイスバーン状態になって少し流れが悪くなっています。

今は穏やかに晴れていますが、予報通り雨が降れば多分この雪は融けるでしょう。
posted by crossroad at 09:20 | Comment(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月21日

函館山初日の出ツアー 他

1月1日は函館山で津軽海峡から昇る初日の出を見ませんか?
函館山初日の出
ということで、今正月に緊急企画として実施した初日の出ツアーが大変良かったので、来年もやります。

予定としては元旦の朝5時20分頃に宿を出発、麓に車を停め旧登山道コースを歩いて登ります。
登山道は雪のない時期は幅3m位で傾斜は緩く、散歩の延長感覚で歩くことのできる道です。
函館山旧登山道コース
道は踏み固められているのでスニーカーでも大丈夫ですが、長靴かスノトレがあればベストです。
山頂の展望台で7時過ぎに初日の出を見た後、歩いて下山。途中薬師山砲台跡を見物。
麓の護国神社で初詣。車で函館朝市に移動して朝食後解散。解散は大体9時過ぎになる予定です。

ツアー代は、12月31日の宿泊代の他にはかかりません。
山頂はかなり寒いので、服装にはご注意下さい。
但し、明らかに日の出を拝めない様な悪天候の場合は中止とします。

現在、2013年1月5日(土)までは通常通りに営業しています。

年末年始につきましては、初日の出以外は通常と変わらずゆるく過ごす予定です。
年末年始は観光施設や食事処が通常営業とは異なりますが、お正月でも開いているお店はありますので食事等に困ることは無いと思われます。
食事等で不安に思われる場合はご相談下さい。
特に12月31日は、実費でおでんか何かをお出ししようかと考えています。


2013年1月6日(日)以降の営業につきましてはまだ未定ですが、4月上〜中旬頃まで出稼ぎのためにお休みをいただくことになると思います。

11、12月は基本的に平常営業ですが、当日のご予約はチェックイン時間等ご希望に添えない場合がございますので、なるべく早めのご連絡をお願いいたします。

posted by crossroad at 10:00 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月15日

江差線(略 番外編

連日の鉄分濃い目でスミマセン。
今回も濃いです。

前日行ったばかりだというのにまた木古内へ。
今回は車で。
もしかしてヒマなのか?という思いは、心に秘めておいていただければ幸いでございます。

前日も来た渡島鶴岡駅近くの禅燈寺。
寺の境内を通る列車
今日は汽車の時間に合わせて来たので、ナイスな写真が撮れました。

元々木古内町一帯は庄内藩士が入植開拓した場所だったので、この鶴岡という地名も庄内の鶴岡が由来で、禅燈寺も鶴岡の善宝寺の末寺ということが、ググってみてわかりました。
以前、鶴岡で庄内藩校致道館を見に行ったとき、入口の記帳見本の地名が北海道木古内町になっていてナゼ木古内?と思っていたのですが、こういう縁があったのですね。

どこかでお昼にしようと一旦木古内の街へ。
木古内町役場キーコ駅長
町役場の片隅にある、ゆるキャラの「キーコ駅長」コーナーへ行くもあいにく駅長はお留守。
キーコ駅長とまんべくん
ということで、ここではパンフレットと「まんべくん」とコラボした北海道新幹線札幌着工記念乗車券をもらってきただけでした。
木古内るとうはこだて和牛バーガー
お昼は近くの「るとう」にて「はこだて和牛バーガー」。
甘辛いたれを絡めた牛肉とシャキシャキのキャベツとマヨネーズがよく合っていてウマい。
和牛なので、お値段もちょっとだけリッチでした。

道道5号線で峠を越えて湯ノ岱まで来たのですが、木古内は晴れていたのにこちらは雨模様…
湯ノ岱江差線撮影ポイント
湯ノ岱―宮越間にて。
前日目をつけていた撮影場所から撮るも何か暗い写真になってしまった。

この後湯ノ岱の温泉にでも入って帰ろうかと思っていたけど、ちょっと考えが変わってこの汽車を追いかけてみることに。
吉堀江差線撮影場所
吉堀―神明間にて。
峠越えの汽車は遅いので、普通の60km/hペースでも先まわり出来ました。

江差線はひとまずこの位で。
posted by crossroad at 12:58 | Comment(0) | 見どころ その他道南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする