2011年02月28日

湯の川散歩 1

今日は、湯の川のあたりをウロウロしていました。

今回巡ったところは、
函館市観光コンベンション部 函館まちあるきマップ
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/kankou/hako_machi/index.html
の中の、「湯の川あったか散歩道」をちょっと参考にしました。
満龍
お昼近くに、市民会館電停近くの満龍へ。
味噌カレーラーメン
看板メニューの味噌カレーラーメンを注文。
すごく辛いというわけではないけれど、食べてるうちに汗だくに。
ちょっと残ったスープにご飯を入れるときっとおいしいと思う。
湯の川球場跡
店を出て、電停の反対側に歩いていくと中学校の隅に湯の川球場跡地の看板が出ていました。
ベーブルースも来た由緒ある球場のようですが、看板の他には特に何もないようでした。
旧戸井線
産業道路をこえて少し歩くと、小さな橋を渡ります。
下を見ると道が通っています。
旧戸井線
ここは、国鉄旧戸井線跡です。
以前のブログで紹介した場所 → ここ 
では車道になっていましたが、本通〜湯の川の間は自転車道になっています。
旧戸井線鉄橋
道路と立体交差になっているところは、ちょっと鉄道の橋っぽくなってます。
湯川寺
旧戸井線を歩いて湯川寺に着きました。
ここは、明治時代に函館山が全山要塞化されたときに山を追われた西国三十三観音像が置かれています。
今函館山に置かれている三十三観音像は大正時代に作りなおしたものが置かれているとのことです。
posted by crossroad at 23:50 | Comment(0) | 見どころ 五稜郭・湯川地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月25日

久しぶりのプロ野球

5月14日、15日に千代台のオーシャンスタジアムで年に一度のプロ野球、日本ハム―オリックス戦が開催されます。

去年はダルビッシュと岩隈の息詰まる投手戦の末の稲葉のサヨナラ打、高橋信二が田中から満塁ホームランなど見どころが多かったせいもあってか、今年の売れ行きも順調のようで、チケットの販売サイトを見ると、内野席は昨日の発売からすぐに売り切れたようです。

最初はチケットをネットで買おうと思ったのですが、ネットで申し込みをしてコンビニで受け取ると、受取手数料やらシステム利用料などで300円位余分にかかるらしい。
1500円のチケットに300円の手数料は、ちょっともったいないなあ…
張り紙
ということで、近所の石田文具へチケットを買いに行きました。
ここも内野席は売り切れの貼り紙がありましたが、この時は内野の奥のほうが1〜2枚残っているとのことでした。
日本ハム戦入場券
今回は予算の都合で土曜日の外野席だけを買ってきました。
プロ野球を見に行くのは25〜30年ぶりくらいかな?
小学生の時に「阪急ブレーブスこども会」に入っていて確か内野席もタダで入れたので、山田久志が投げ、福本が盗塁しまくり、加藤英司やマルカーノが打つ、という時代に行っていた西宮球場以来かも。

…どんだけ久しぶりなんだ(笑)。
なんとか雨だけはご勘弁を。

車でお越しの場合でも当宿に車を置いて、バス1本乗り換えなしで20〜30分くらいで球場まで行けるので、観戦目的のお客さんもぜひ泊まりに来ていただきたいです。
石田文具の函館限定インク
石田文具で見かけた、石田文具オリジナルのインク。
ホームページには一番左が函館トワイライトブルー、一番右が渋墨、右から2番目が函館がごめと紹介されていました。
がごめ昆布のエキスは入ってるのかな?
ならば、左から2番目は五島軒のカレーが? それはないか…

石田文具
http://www.ishidabungu.co.jp/
posted by crossroad at 23:15 | Comment(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月22日

ナッチャンはどこへ行くのか

ナッチャンworldと飛鳥
防衛省が高速フェリーを高速輸送船に転用することを検討しているとの記事が出ていました。

フェリーを高速輸送艦に 防衛省が転用検討 離島奪還で陸自輸送の切り札
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110221/plc11022101000000-n1.htm

このタイプの高速船はもともと軍用にも使用されていて、製造元のincat社のホームページ(http://www.incat.com.au/)内にも米軍などで輸送艦として使用されている写真があります。

この原油高の中での定期運行は少しきびしそうなので、どのような形にしろ今の置物状態よりは何かの形で活用したほうがいいのかな。
これだけ高性能の船が2隻も遊んでいるのはちょっともったいないかと。
ナッチャンworldと青函フェリー
posted by crossroad at 18:14 | Comment(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする