2010年06月29日

実行寺、称名寺と大正湯

カウンターの昨日と今日の人数の箇所が突然カウントしなくなったので、取り替えてみました。

実行寺
函館山を観音コースから下山して、実行寺の境内に来ました。
実行寺は1655年創建の日蓮宗の寺で、安政元年(1854年)ペリー来航時に写真スタジオが設けられたり、安政5年(1858年)にはロシア領事館として使用されたこともある由緒あるお寺です。

フランスに開港する前に、フランスの軍艦が緊急入港して病気の兵士たちが滞在療養したことを記念した、日仏親善函館発祥記念碑が置かれています。

隣にある称名寺にも行ってみました。
称名寺 新撰組供養碑
こちらは1644年創建の浄土宗の寺で、写真の土方歳三と新撰組隊士の供養碑のほか、高田屋嘉兵衛の顕彰碑、高田屋一族のお墓や函館空襲の戦災者慰霊碑などがあります。

半日歩きまわって汗をかいたので、銭湯に入ってから帰ることにします。
大正湯
この日は坂を少し下りたところにある大正湯に行きました。
大正湯入口
昭和2年に建てられたこの建物はテレビ、映画のロケにもよく使用されるところで、脱衣場にはここが主人公の宮崎あおいさんの自宅と言う設定の映画「パコダテ人」の出演者のサインが飾られています。

僕が体を洗っていると、スタッフらしき方が来られて15分くらい後にテレビのロケが入るとのことで、上がってから番台の母さんと話をしていました。

銭湯の経営は人口が減っていることなどもあり楽ではないそうで、旅行者の方にも入っていただきたいというような話をされていました(この日帰ってから、6月末で近くにある大黒湯が廃業することを知りました)。

ロケ隊の方々が入ってこられたので、母さんに宿の名刺を渡して出ようとすると、ロケ隊の中にいた某タレントさんが「僕も交換してもらおうかな」と言って名刺を出されました。

思いもよらないところで芸能人の方と名刺交換をしてしまった…
ちょっと舞い上がってしまって、何を話したのかあまり覚えていません…
大正湯脱衣場
posted by crossroad at 15:06 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月27日

再び函館山を歩いて登る 観音コースから下山

函館山山頂
御殿山でしばらく休憩してから、つつじ山駐車場に戻りました。

確か観音コースはここから出ているはず…と思って見回すと、
観音コース入口
ちょっと頼りなくて不安になるような小道がありました。
観音コース
少々ジャングルチックな細いけもの道を下っていきます。
エゾカンゾウ
車道を2回越え、エゾカンゾウが咲く横を過ぎて、なおも下っていくと道端に小さな石柱が立っているのが見えました。
旧日本軍境界標
右の石柱には「二十四号 海軍用地」、左には「陸軍省」の文字が見えます。
戦前の境界標でしょうか。
三十一番札所
函館山全山には、西国三十三観音の土を埋めて、上に観音様を立てた分霊所が散在しています。
そのうち三十三か所巡りも行きたいと思います。
鶏冠石
麓は少し広場になっていて、石仏やブロック塀に囲まれた大きな石があります。
周りに説明らしきものもなく、石には何かを彫っているのですが摩耗して読めなかったので帰ってから調べてみると、巨大な石は鳥の鶏冠に似ているので鶏冠石と呼ばれているものでした。


ここからは墓地の中を通って、実行寺の境内に出て観音コースは終わりました。
つつじ山から40分くらいかかりましたが、誰とも会わず踏み跡も他のコースより狭く少し寂しい感じがしました。
posted by crossroad at 18:57 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月26日

再び函館山を歩いて登る 千畳敷から御殿山

千畳敷一帯は、終戦まで全山が要塞化されていた函館山の中で、もっとも大規模の施設があったところです。
地下掩蔽壕(砲台長室)
地下掩蔽(えんぺい)壕の脇を通り、千畳敷右翼観測所に上ってみます。
千畳敷右翼観測所からの眺め
御殿山からの見慣れた函館市街と少しだけ違った景色が眺められます。
振り向けば津軽海峡も一望できます。
千畳敷第2砲台付近
千畳敷第2砲台までは下に千畳敷コースの登山道を見ながら進みます。
第2砲台
千畳敷第2砲台の石積みは、建物の土台として現在も使用されています。
千畳敷戦闘指令所
さらに進むと千畳敷戦闘指令所跡に着きます。
ここは中のほうに入って見学できるようになっていて、電話室の跡などがあります。

ここまで、ほとんど人の気配もなく気温の割にさわやかな風が吹いていて、快適なハイキングでした。

ここから笹の中の小道を千畳敷休憩所に降りて一服した後、千畳敷コースから40分くらいで御殿山に到着しました。
posted by crossroad at 22:01 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする