2016年09月28日

日帰りで松前へ

久々の1日外出で松前まで行ってきました。
木古内
まずは、新幹線と同時開業の道の駅が絶好調な木古内へ。
道南いさりび鉄道の黄色い車両を初めて写真に撮りました。
ながまれ号に比べてあんまり見る機会がないんだよなあ......
木古内
道の駅に来た目的は、8月から配布されている木古内町のマンホールカードを(σ・∀・)σゲッツ!!すること(笑)。案内所に行くとまだ結構残っていて、実物がある場所も教えてもらいました。現在のところ道内では他に札幌市と北見市にあります。
松前町
北海道最南端の白神岬。かすかに本州が見えています。
松前町
今回の主目的は、松前でマグロ料理を食べること。マグロは美味しかったのですが、漬け丼の下にあるノリが少なくなってる気が......前回の冬は不漁と聞いていたので今年に期待しましょう。海苔だんだんも一度食べてみたいし。
松前町
松前駅跡。観光案内所跡が倉庫として使われてる以外、駅舎とか線路は何も残ってません。江差駅も駅舎を壊して団地を造るようなことを聞きましたが、その後どうなったんでしょうか。
松前町
血脈桜や代々松前藩主の墓所等がある寺町は、以前散策したことがあるのと、時間の関係で通り過ぎるだけにします。
商店街方面から寺町を抜けた先にある松前藩屋敷へ。
松前町
ここは松前藩があった当時の建物を復元したテーマパークです。
松前町
今までなんとなくスルーしていて今回初めて行ったのですが、思ったより精密に造られていて見ごたえがります。
松前町
基本的に建屋には靴を脱いで上がれるのが嬉しい。入場料も360円とお安く、この日はほぼ貸し切り状態だったので楽しめました。
松前町
売店では不要になった桜の種類を書いた木札が1枚100円で売られていたので数枚購入。売り上げは桜の維持管理費の足しになるとのことです。今時期は大分売れてしまったので札も10種類くらいしかなかったのですが、時期によっては公園に1本しかないレアな木札も出るとのこと。
松前町
いつか桜の時期に行きたいなぁ......
福島町
帰りは福島町の千代の山・千代の富士記念館へ。
福島町
今年は九重部屋恒例の夏合宿はここで行われましたが、先代親方亡き今、来年以降はどうなるのでしょうか......
福島町
千代の山・千代の富士記念館で青函トンネル記念館とのセット券を買っていたので、こちらも覗いてみます。
福島町
当宿にも青函トンネル関係の本がありますが、読むたびによくこんなところにトンネル掘ったなぁといった小学生並みの感想しか出ません。
福島町
大き目のD型倉庫のような建屋は、青函トンネルの断面の大きさに合わせて造られてるとのこと。
福島町
青函トンネルを走る車両が古いのはご愛敬(笑)。
知内町
道の駅知内に寄ると、隣に展望塔を作ってる最中でした。
11月末完成予定とのことで、ちょっと楽しみ。
この後、知内かどこかで温泉に入ってから戻ろうかと考えていたのですが、結局そのまま帰宅。
続きを読む
posted by crossroad at 12:28 | Comment(0) | 見どころ その他道南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月25日

洞爺丸台風から62年

洞爺丸慰霊碑
1954(昭和29年)9月26日、台風15号「マリー」による強風と波浪のため、函館湾一帯で青函連絡船が5隻沈没して1430名の犠牲者を出す大惨事がありました。中でも一番犠牲者の多かった洞爺丸の名前をとってこの台風は「洞爺丸台風」とも呼ばれています。
洞爺丸慰霊碑
洞爺丸が座礁・沈没した現場の近くに事故から約1年後の1955年8月、慰霊碑が建立されました。
洞爺丸慰霊碑
七重浜の国道228号沿いのドンキホーテと七重浜の湯の間に位置する慰霊碑では、通るたびにいつも花が植えられキレイに整えられている様子を見ることが出来ます。
洞爺丸慰霊碑
最近看板などの掲示が修繕されて、沈没した連絡船の位置関係がよりわかりやすくなっています。

七重浜の慰霊碑は乗客などの犠牲者の慰霊碑となっていて、殉職された国鉄職員の方々は函館山のふもとにある「青函連絡船海難者慰霊碑」に第二次世界大戦時の空襲などによる犠牲者とともに合祀されています。
洞爺丸書籍
当館の本棚には、洞爺丸台風の関連書籍も揃っています。
興味のある方はぜひ。
続きを読む
posted by crossroad at 20:11 | Comment(0) | 見どころ 北斗市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月23日

雨の進水式

今日は函館どつくで進水式がありました。
函館どつく進水式
いつも中で見ているので、一度外から眺めてみるとどんなもんかと思って西ふ頭に来てみたのですが......
函館どつく進水式
思ったより遠かった(´・ω・`)
函館どつく進水式
外国の進水式のように勢いよく進水するなら、遠くから見ても絵になるかもしれませんが、函館どつくの進水式はソロソロと静かに入っていくので、初めて見るなら函館どつくの中で見たほうがよさそうです......
函館市役所
終わるとちょうどお昼時になったので、赤レンガ倉庫近くのカリフォルニアベイビーに行くと振替の定休日、近くのラッピは長蛇の列だったので、函館市役所地下の食堂へ。とり天弁当美味しいです(●´ڡ`●)
ナッチャンWorld
帰り道、港町ふ頭のほうを見ると「ナッチャンWorld」が停泊しているのが見えました。
ナッチャンWorld
20日か21日ころに瀬戸内海のほうのドックを出たという話を聞いていたので、そろそろ戻ってくるかと思っていましたが、またしばらく函館にいるのでしょうか。
posted by crossroad at 18:00 | Comment(0) | 見どころ 函館山・西部地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする